Home > 各種資料 > 有識者情報 > バイオマス情報ヘッドクォーターの必要性

バイオマス情報ヘッドクォーターの必要性

東京大学副学長(現 東京大学総長) 小宮山宏教授

小宮山教授は、バイオマス・ニッポン総合戦略策定アドバイザリーグループにおいて座長を務められました。

インタビューは、平成15年6月10日、東京大学内の小宮山教授のお部屋にて行いました。

  • インタビュー前半
  • インタビュー後半

一部、修正があります。(小宮山教授の指示による)

ビデオ中の05:50〜05:59に相当する次の箇所に誤解を招く表現があります。『森林地帯』は、正しくは『建築解体材』です。 「ところが東のほうでは、これは森林地帯--- バイオマスの発生源ですね、こういうところから発生している」