Home > 各種資料 > バイオマスタウンとは

1. バイオマスタウンとは

バイオマスタウンとは、地域において、広く地域の関係者の連携の下、バイオマスの発生から利用までが効率的なプロセスで結ばれた総合的利活用システムが構築され、安定的かつ適正なバイオマス利活用が行われているか、あるいは今度行われることが見込まれる地域を云います。バイオマスタウンに向けた地域の“バイオマスタウン構想書”は、地域の中で、関係府省間で、そして全国のバイオマス利活用を進める人々の間で、情報として共有されます。

2. バイオマスタウン構想の募集

バイオマス・ニッポン総合戦略推進会議(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)では、全国の市町村からバイオマスタウン構想を募集しています。詳しくは、バイオマスタウン構想の募集についてをご覧ください。

3. バイオマスタウン構想をつくるために

バイオマスタウンの実現に向けては、まず、地域の関係者が連携した計画づくりが重要です。ここでは、そのために役立つ情報を提供致します。

  1. バイオマスタウン構想書の様式ダウンロード(Wordファイル)
  2. 地域のバイオマスの賦存量の調べ方(例)

4. 全国のバイオマスタウン

これまでに公表されたバイオマスタウン構想が見られます。